ID : Pass :  | register
フォトヴィレッジ
(rrbのブログ)
上手い下手は関係なし
感じたままの気ままな
写真と言葉を掲載
*画像は全てリサイズ済*
 
------------------------------
《写真カテゴリ》
*
京都の町の
そぞろ歩きは
今京都
* *
スズメさんで
天を仰いで思うこと
* * *
四方山話は
おやかまっさん
* * * *
京都以外の町で
足の赴くままは
◆◆なう
------------------------------
色々とチャレンジする
rrbのブログ
フォトヴィレッジ






Photographer affectation
Delivered from Kyoto
Since 2006/4/25
Since 2007/12/9
(Renewal Start)
Copyright (C) 2006
www.rrbphotovillage.jp
All Rights Reserved
カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
ご案内
今京都の記事一覧
京ことばの記事一覧
京が語源の記事一覧
天を仰いでの記事一覧
・スズメの写真
------------------------------
アクセスカウンタは不具合のため運用停止中
2017/9/27
↓ ↓ ↓
アクセスカウンタ
総計 : 9957776995777699577769957776995777699577769957776
過去ログ
     

rrbのブログ - 最新エントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

サイト全体のカテゴリーナビゲーション

天を仰いで思うこと 温暖化の影響 2018/10/19 12:00 am

幸いなことに私は台風等の災害は受けていない。それでも台風の度に対策をすることに疲れを感じる。24号、25号は連続して週末等にやってきた。災害は受けていないとしても予定が狂ったりしてストレスを感じる。被災者の皆さんは私が感じているストレスの何万倍ものストレスを感じているに違いない。それを考えたとき、対策準備ごときで不満を漏らすのはよくないと反省。この台風の多さは、やはり地球温暖化の表れか…と、天を仰いで思うこと。

地球温暖化は直接体感しないから真剣に取り組まないのかな

このエントリーの情報

今京都 はんなり/京ことば 2018/10/18 12:00 am

「はんなり」という言葉、京都に関する情報誌やインターネットなどで最近はよく見かける。意味は「華やかで上品さと気品も兼ね備えている様子」ということ。他にも「粋で知的な様、明るく鮮やかである様、陽気な明るさ、すかっとした様、落ち着いた様」など広い意味を含む。当然、京都弁(京ことば)である。
元々は、着物の色合いを表現する時に使用した言葉とされている。京都は呉服文化が発展し、舞妓や芸者など着物を召した女性が活躍する町ということが、この言葉の誕生背景になるのかも。「華あり」が転じた言葉という説と「華なり」が転じた言葉という説の2つがある。

さて、本音を言葉の裏に隠して話すや嫌みな言い方をすると言われる傾向にあるのが京都人。「元気がよろしいどすな」は「うるさい」ということ、「ええ香りがしてますな」は「匂いがきつい」ということ。褒めるニュアンスで遠まわしに伝えるが、これは意地悪ではない。人間関係を円滑にするための京都人の配慮。
「はんなりしてて可愛らしいなあ」とか言われた場合、それは決して遠回しではない。「はんなり」は京都人にとって最高の褒め言葉なので、ここは京都人に認められたことを素直に喜ぶといい…という今京都。

京都のことばは独特やね

このエントリーの情報

今京都 オノマトペ 2018/10/17 12:00 am

「この道をな、ダーッと行くねん。そしたらな、でっかいビルがバーンと現れよる。そのビルの前をビュンと左に曲がるねん。そしたら眼の前や」
オノマトペが多いこのようなも道案内は関西特有のものかもしれない。
オノマトペとは擬声語のことで、実際の音を真似て言葉とした語。「さらさら」「ざあざあ」など。広義には擬態語も含む。
たとえば日本では犬の鳴き声は「ワンワン」。アメリカでは「バウワウ」。ロシアでは「ガフガフ」。韓国では「モンモン」。実際に聞くことができる声でも、聞く人、伝える人によって表現が違う。これもオノマトペのおもしろいところだ。
大阪はセカセカした町、東京はザワザワした町、古くて狭い京都の町は、どう表現するだろうか…という今京都。

シャナシャナした町?

このエントリーの情報

今京都 季節につく言葉 2018/10/16 12:00 am

季節の初めごろと、その盛りや終わりごろを表す言葉はさまざま。よく使われる表現に「春浅し」や「秋深し」といった「浅い」「深い」があり、俳句の季語としてもよく用いられる。春や冬以外にも、季語には「夏浅し」「夏深し」「秋浅し」「秋深し」もあるが、あまりなじみがない。
日常手紙の書き出し等に用いる時候の挨拶言葉を見ると、「浅い」に関しては「春」に、「深い」に関しては「秋」に使うことがほとんどではないだろうか。季語にはあり、俳句では用いられても、手紙等の時候の挨拶では見かけないというのも興味深いものだ。
「浅い」「深い」のほかにも、その季節の初めのころを指す「初」は、初春、初夏、初秋、初冬と、春夏秋冬すべてに用いられ、季節の終わりごろを指す「晩」も、晩春、晩夏、晩秋、晩冬と同じくすべての季節に使う。
さらに、「お見舞い」に関しては、夏は「残暑見舞い」と、冬は「余寒見舞い」というように、「晩夏」「晩冬」に代えて「残暑」「余寒」を使うのも、季節感をよく表していて、おもしろいものだ。
色づく木々に思いを馳せながら考えた…という今京都。

今年は「紅葉」を撮るのかな

このエントリーの情報

今京都 2018/10/15 12:00 am

大気中にある小さな水の粒が低く漂えば霧、高く集まれば雲、大きくなって落ちてくれば雨、冷やされれば雪。水が「形」を変えていくことで天気が変わっていく。
そして、常に「形」を変え続ける水。すべての生命の源である水は、まるでそれ自体がいきもののようだ。一時も同じ「形」に留まることはない水。恩恵に与っているのは事実。しかし、時には生命を奪うこともある。
寺社仏閣とも切り離せない存在でもある…という今京都。

水も火も大切な存在だけど、ひとたび牙を剥くと怖い

このエントリーの情報

ページナビゲーション

(1) 2 3 4 ... 379 »

 
     
お願い
画像等の著作権は、所有者または撮影者に帰属しています
画像等の無断転用は、固くお断りします
------------------------------
《もうひとつの今京都》

------------------------------
《LINK》


XP canon


photocon

------------------------------
《ポチッとお願い》

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ



PV Access Ranking
にほんブログ村

------------------------------
copyright Tsuwano
Screen Project

スズメ(rrbphoto)
ランダムスクロール
(表示30枚/全枚)
こんな1枚

シジュウカラ


ヒヨドリ


絵馬に願いを


手水舎


千本鳥居


幸せを感じるとき


哲学の道


影絵

pagetop