ID : Pass :  | register
フォトヴィレッジ
(rrbのブログ)
上手い下手は関係なし
感じたままの気ままな
写真と言葉を掲載
*画像は全てリサイズ済*
 
------------------------------
《写真カテゴリ》
*
京都の町の
そぞろ歩きは
今京都
* *
スズメさんで
天を仰いで思うこと
* * *
四方山話は
おやかまっさん
* * * *
京都以外の町で
足の赴くままは
◆◆なう
------------------------------
色々とチャレンジする
rrbのブログ
フォトヴィレッジ




Photographer affectation
Delivered from Kyoto
Since 2006/4/25
Since 2007/12/9
(Renewal Start)
Copyright (C) 2006
www.rrbphotovillage.jp
All Rights Reserved
カレンダー
« « 2024 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 1 2
ご案内
今京都記事一覧
京ことば記事一覧
京が語源記事一覧
天を仰いで記事一覧
・スズメの写真
------------------------------
アクセスカウンタは
不具合のため
運用停止中
2017/9/27
過去ログ
     

rrbのブログ - 最新エントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

サイト全体のカテゴリーナビゲーション

今京都 宝泉院 2021/12/08 12:00 am

三千院を通り過ぎ突当たりにあるのが「大原問答」で有名な勝林院。勝林院住職が法然を招いて、延暦寺・金剛峯寺・東大寺などの高僧らとともに念仏の教えについて問答を交わした。法然は白熱する論議の中で、念仏を唱えれば極楽浄土へ往生できると経典を引用しながら説くと、本尊が光を放ち、法然の主張が正しいと証明した…という話。

この勝林院は天台宗の仏教が栄えた大原の中心的道場。宝泉院はその中の僧坊として800年前よりあったお寺。山門より入ると正面に樹齢700年の「五葉の松」がある。この松は京都三大松の一つ。また、関ヶ原合戦前、徳川の忠臣・鳥居元忠以下数百名が豊臣の大軍と戦い伏見城中で自刃。その武将達の霊をなぐさめ、自刃した床板を天井にして祀り、供養としている「血天井」も有名。

急ぎ足の人は三千院より奥に行かない。しかし、三千院よりも宝泉院や実光院の方が好きだ。宝泉院や実光院は、まるで金閣寺の「陸舟の松(りくしゅうのまつ)」のようだ。多くの人は金閣寺の壮麗さに目を奪われ、その参道の脇にある「陸舟の松」の存在に気づくことはない。目立つもの(三千院)に目を奪われて、その周りにあるものに気づかない。三千院のように大きくないが、決して退屈させないお寺だと思う。たくさん写真を撮ったけれど、人が写っていない写真はこれくらいしかない…という今京都。








人を外して撮るのはむずいよね。今日の内容、なんだか深いね

このエントリーの情報

今京都 三千院 2021/12/07 12:00 am

「女ひとり」で歌われている三千院。その日は三千院界隈を精力的に動きまわった。
写真も楽しんでいるが、最近は京都の御朱印集めもしている。これまでにたくさんの寺社仏閣を訪れ写真を撮っているが、「それって勿体無いやろ? 御朱印でも貰うようにしたら」との友だちの進言による。
確かにそうだ。「趣味と実益を兼ねる」ことにはならないが、写真以外にも残るものがあるというのは良いことだと考え始めた。
便宜上、洛中と洛外に御朱印帳を分けている。現在の区分けで上京区・中京区・下京区を洛中、それ以外を洛外としている。
その日は洛外(洛北)の大原界隈が目的で、三千院、勝林院、宝泉院、実光院、来迎院、念佛寺、出世稲荷神社、古知谷阿弥陀寺、寂光院を巡ることとした。バイクを使用したので、予定より早い時間で巡ることができた。
次は八瀬・上高野界隈を巡る予定…という今京都。










ええことしてるやん。ブログにも使えるやん。写真、御朱印、ブログ…サボらず取り組もう

このエントリーの情報

今京都 寂光院 2021/12/06 12:00 am

大原の地での古知谷阿弥陀寺に続いては寂光院。
詳細は、寂光院のホームページに掲載されているが、ここは第3代の建礼門院(平清盛息女、高倉天皇中宮、安徳天皇母)が、源平の合戦に敗れた後、侍女たちとともに閑居し、壇ノ浦で滅亡した平家一門と、我が子安徳天皇の菩提を弔いながら、終生を過ごしたところである。
本堂前の庭園は『平家物語』にも描かれ、灌頂巻の大原御幸に「池のうきくさ 浪にただよい 錦をさらすかとあやまたる  中嶋の松にかかれる藤なみの うら紫にさける色」とある松が姫子松。
卒業論文で中世文学、特に『平家物語』を取り上げた関係で、何度か訪れたことがある。卒業論文の中で、「祇園精舎の鐘」は、あっても小型のもので、一般的にイメージするお寺の鐘(梵鐘)ではない…と綴ったことも懐かしい記憶である。
今回はその寂光院の紅葉を掲載しよう…という今京都。










rrbは文学を学んでいた…それも中世文学。なんか意外だね

このエントリーの情報

今京都 古知谷阿弥陀寺(3) 2021/12/03 12:00 am

この掲載で古知谷阿弥陀寺は終了。
最後の1枚は「鬼も愛でる紅葉かな」を表現したかっただけ。紅葉が足りん結果となった…という今京都。










久しぶりの連投だね

このエントリーの情報

今京都 古知谷阿弥陀寺(2) 2021/12/02 12:00 am

写真の掲載のみ…という今京都。










ここの雪景色も見てみたいよね

このエントリーの情報

ページナビゲーション

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 412 »

 
     
お願い
画像等の著作権は、所有者または撮影者に帰属しています
画像等の無断転用は、固くお断りします
------------------------------
← に掲載以外の写真等は
もっと今京都
↓ ↓ ↓

------------------------------
《LINK》


XP canon


photocon

------------------------------
《ポチッとお願い》

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ



PV Access Ranking
にほんブログ村

------------------------------
copyright Tsuwano
Screen Project

スズメ(rrbphoto)
ランダムスクロール
(表示30枚/全枚)
こんな1枚

シジュウカラ


ヒヨドリ


絵馬に願いを


手水舎


千本鳥居


幸せを感じるとき


哲学の道


影絵

pagetop