ID : Pass :  | register
フォトヴィレッジ
(rrbのブログ)
上手い下手は関係なし
感じたままの気ままな
写真を掲載
 
------------------------------
《写真カテゴリ》
*
京都の町の
そぞろ歩きは
今京都
* *
スズメさんで
天を仰いで思うこと
* * *
四方山話は
おやかまっさん
* * * *
京都以外の町で
足の赴くままは
◆◆なう
------------------------------
色々とチャレンジする
rrbのブログ
フォトヴィレッジ




Photographer affectation
Delivered from Kyoto
Since 2006/4/25
Since 2007/12/9
(Renewal Start)
Copyright (C) 2006
www.rrbphotovillage.jp
All Rights Reserved
カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
ご案内
今京都の記事一覧
京ことばの記事一覧
京が語源の記事一覧
天を仰いでの記事一覧
・スズメの写真
------------------------------
アクセスカウンタは不具合のため運用停止中
2017/9/27
↓ ↓ ↓
アクセスカウンタ
総計 : 9956700995670099567009956700995670099567009956700
メニュー
過去ログ
     

rrbのブログ - 天使突抜

ヘッダーナビゲーション

天使突抜2017/09/06 12:00 am

京の町を散策していると、普通ではお目にかかれない奇妙な地名や通り名に出会う。その代表のひとつが「天使突抜(てんしつきぬけ)」である。五条通の北、西洞院通と油小路通の間を南北に走る東中筋通に沿って、天使突抜一丁目から四丁目までの町域が広がる。東中筋通も、かつては天使突抜通と呼ばれていたという。

突抜とは道の先端をさらに先へと延伸して生まれた道路名のことだが、問題は「天使」である。「天使」とは何を指しているのか。「天使」と聞いて、まず思い浮かぶのがエンジェルであるが、ここの「天使」はエンジェルではない。松原通と西洞院通が交わる交差点の南西に鎮座する五條天神宮のことである。

五條天神宮は、平安時代、弘法大師空海が開基したと伝わる古社である。社伝によると、794(延暦13)年、平安遷都にあたって大和国宇陀郡から天神が勧請された。ここから当時は「天使社」と呼ばれ、現在の東中筋通はなく、そこは境内であった。しかし、豊臣秀吉の京都の都市改造によって、五條天神宮の境内を貫通させるように一筋の道を通した。「天使社」を「突き抜いて拓いた」ことから、「天使突抜」という地名が誕生したのである。

天使突抜以外にも、上京区には「木下突抜(きのしたつきぬけ)」や「社突抜(やしろつきぬけ)」、中京区には「越後突抜(えちごつきぬけ)」などの地名も残るが、それらはまたの機会に…という今京都。






《京都・下京区》

五條天満宮は牛若丸と弁慶の対峙場所との説があると以前取り上げたところだよね

このエントリーの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリは以下のURLにトラックバックしています。

このエントリーの記録

 
     
お願い
画像等の著作権は、所有者または撮影者に帰属しています
画像等の無断転用は、固くお断りします
------------------------------
《LINK》


XP canon


photocon

------------------------------
《ポチッとお願い》

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ



PV Access Ranking
にほんブログ村

------------------------------
copyright Tsuwano
Screen Project

スズメ(rrbphoto)
ランダムスクロール
(表示30枚/全枚)
こんな1枚

シジュウカラ


ヒヨドリ


絵馬に願いを


手水舎


千本鳥居


幸せを感じるとき


哲学の道


影絵

pagetop